2012年12月10日

魔法を使う

昨日は「おはなし美術館」でした。

ご来場くださったみなさま、ありがとうございました!!

ohanasi20121209.jpg

物語を声と音で紡ぐおはなし美術館に、

ライブアートで参加してきました。

ちょうど一年前の初めてのおはなし美術館では、

絵の具を使ってライブペイントに挑戦しましたが、

今回はいろいろの事情があり、

パソコン
ペンタブレット
プロジェクター

などの機材を持ち込んで、

文明の力を使ったライブペイントに挑戦となりました。

紙に描くのと、パソコンの画面上で描くのとでは全く事情が違います、、、。

まずはペンタブレットに慣れなくては、、、!

専門分野ではないし、未熟な絵になるだろうし、うまくいくかな?

不安はたくさんありました。

でも、

もしかしたら、

楽しんでもらえるかもしれない。

クリックひとつで色が変わったり、画面ががらりと変わったりするんだもの。

わたしにとったら、いつも見ている画面だけど、

お客様にとったら、あっとびっくりなことで、

まるで、魔法みたいに見えるのかもしれない!

そうして考えると、すごく楽しみになったのでした。



そうして、昨日

公演が終わったあとで、

「すごく、よかった」
「絵がだんだんできあがっていくのが、見ていてすごく楽しかった」

というような言葉を、たくさん頂いて、

やってよかったーーー!と、

思ったのでした。



春日さんの朗読も

うららさんの音楽も、

きっと魔法を使っているんだろうな。



物語を、声と音で紡ぐ。

ふたつが合わさると、色やイメージが浮かびます。

読み聴かせって良いものだなあと、

改めて感じました。

そして、大正〜昭和初期の童話、

面白くて、他のものも読んで(聴いて)みたいと思いました。

また聴かせて下さいね!



春日さん、うららさん、

みっちゃんさん、ともこさん、あゆみさん

若山美術館さん、泰明小学校さん

そして、

来てくれたみなさん、

ありがとうございました!



当日の演目などの詳細はコチラ



【おまけ】

当日までに、試し描きを何回かしました。

毎回、出来あがる絵がちがうのがおもしろかった。

ohanasi121209-1.jpg

ohanasi121209-2.jpg

ohanasi121209-3.jpg

ohanasi121209-4.jpg
posted by あばらや at 22:37| Comment(4) | おはなし美術館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すてきなイベント!いいなぁ。

蛇足やけども…ここに載せられてる絵をみて、
来談者さんのこころを深く知るために心理臨床の場で用いる、
とある投影法の心理検査を連想しました。
ヒメが描いたらどんな作品が出来上がるんだろう。
というか、テーマなんてなくともヒメのつくる作品すべてが
いろんなこころを見せてくれてるんやろけど。

見えないけどたしかにそこにあると感じられるものを、
表現するすべを豊かに持てるっていいなぁ。
宝物やね。

そんなこんな、どうか元気で充実した毎日を…!
Posted by 夏蜜柑 at 2012年12月12日 03:35
こんにちは(*´▽`*)
先日、表参道の雑貨屋さんであばらやさんの小物を見て
一瞬にして虜になりました♡♡

見るとほっこり優しい気持ちになるあばらやさんの作品大好きです(*^^*)
今度お店が開いてるとき会いに行きたいと思います!!

よろしくお願いしますヾ(≧∇≦)
Posted by いがなつ at 2012年12月27日 08:32
夏蜜柑ちゃん
コメントもらっていたのに確認ができてなくてごめんなさい。いつも見ててくれてありがとう。
「とある投影法の心理検査」そんなのがあるんだねえ。
人前で描くなんて表現、昔の私じゃ考えられないけど、今だからできるし、できる今だから与えられてるんだと思います。いろんな機会を与えてくれる皆様に感謝です。
Posted by あばらや at 2013年02月06日 13:20
いがなつさま
はじめまして。コメント頂いていたの、なかなか気づけなくて申し訳ありませんでした。
とても、うれしいです!!!
これからもよろしくお願いします☆
お店、吉祥寺のアトリエですが、営業についてお知らせしたいことがありますので近日更新致します。。
Posted by あばらや at 2013年02月06日 13:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。